業務 · 11日 1月 2019
世界最小の心肺補助装置 国立循環器病研究センターが開発 PCPSが世界最小のサイズ完成したそうです。素晴らしい技術革新です。これで民間救急の業務が増加し命をつなげるお手伝いが、出来るといいです。弊社は現在そのPCPSとIABPの車両積載できる機材を開発その準備をしております。 東京消防庁の現行救急車でも電源の出力限界があります。このPCPSとIABPを同時に稼働させシリンジ・輸液ポンプをも問題なく稼働させるには、1500W以上の電源が必要となります。通常の車両バッテリーやサブバッテリーをしてもインバーターを返し供給して10分と持たなく車両のエンジンスタート共にエンスト走行すらできなく又機械もストップとなります。弊社はそこの問題をクリアーしました。現場病院での訓練が出来ましたら又。報告したいと思います。
業務 · 22日 12月 2018
来年度4月より練馬区の高齢者・障害者のリフト付き福祉タクシーとして利用できる事になりました。練馬区民以外の方は何の事?練馬区では、高齢者・障害者の移動に介護タクシーを利用する際、予約と迎車料金は、区が負担し契約業者に支払われるシステム。 ところが、契約業者が練馬区業者のみの限定だったのが、来年度から練馬区以外の業者もこのシステムに参入できる事となり弊社も契約できました。 なぜ今頃 個人的考えです。練馬区の業者だけでは足りなくなった(廃業等)?利用者が増えたためか?ある意味練馬区が独禁法に触れるから? いずれにしても弊社も含め他区の介護タクシー業者には、喜ばしい事だ。 練馬区の利用者様で、弊社に指定依頼して頂けるはずの利用者は、今までは、おことわりせざるを得ない状況からご依頼を受け付けられます。
日々 · 21日 10月 2018
インバーター出力変更に伴う設置工事 医療機材の増加に対応出来る様に1500wの余裕ある物に変更しました。電子レンジを動かせる出力。線は親指ほどの線かなり太いですね。手元でコントロールとモニター出来る様に設置場所はこだわり前席天井に取付け 疲れます。
業務 · 15日 10月 2018
先日海外製電動車いすのご利用者様よりの移送依頼で乗降介助を行いリフトが悲鳴をあげ故障しました。今回で2回目です。泣き 車両は、耐荷重250Kgまでですが、海外製車いすは本体だけで100~150Kg有ります本人様入れると200Kg以上は荷重されリフトにかなりの負荷が掛かるのです。この修理には、時間も多大な費用も要しその間売上も0となり切実な問題です。同業者のみなさんどうしてます?弊社差別する訳ではありませんが、海外製電動車いすご利用のご依頼者様は乗降介助は追加料金の申し受けとさせて頂きたいところです。故障リスクと休業リスクを抱える為 日本の電動車いすと海外製車いすの走れる距離の考えが違うためバッテリーの大きさが大幅に違う理由で重量が増加してるのではないかと思う。基本構造は国産も外国製もさほど変わりはない為重量の差は無いと思われ要は、バッテリーの容量が上がるため重量も増すわけである。多分80~100Kg以上ある。
業務 · 10日 10月 2018
LINE@で予約がお客様の都合でいつでも簡単に予約が出来るようになりました。お友達登録でご予約!
業務 · 03日 10月 2018
三日前にご予約頂いた練馬区の患者様のご家族が、介護タクシーをネットで調べて弊社をご利用いただきました。お近くで見つからなかったそうです。どこに電話しても「現在ご利用いただけません」と かなり いや 確実に廃業している業者が増えているようです。なぜ適正価格で対価として、仕事が出来ていないのでしょう。運輸省から認可運賃を受けてもそれ以下の運賃で走らなければならない要因がありますね。依頼する側もお金の話のみが先に立って安く安くが先行し運べばいいだけの選択肢そこには、搬送内容や車両設備や乗務員の技量知識など関係なのですか?残念で仕方ありません。もちろん事業商売ですから安くしなければ成らない事もありますが、限度がありますから対価として見合わなければおことわりするのも商売かと  弊社  「High Quality Serviceの提供 ご利用者様からの信頼とアナウンス側の信頼そして、弊社の信頼を感謝でつなぐ心に響くお手伝い」がモットー   精進します。 注:写真は当社の預金ではありません
業務 · 03日 10月 2018
記念日 単独で走り出して丸2年が経ち同業者の皆様のおかげで、成長出来ました。物凄い成長と経験の速さに自分自身もビックリしています。まるで、妊娠して早い細胞分裂が起き毎日成長している感じ   例えが変ですか? 全ての関係者に感謝!
日々 · 12日 7月 2018
お疲れ様です。本日は午前中営業活動に汗を流して、午後より車両整備7 月は車検月の為、整備箇所が今回は、ブレーキパット・ブレーキフルード交換・ベルト交換等大仕事です。本日は、ベルト交換で、サクサク終了で汗を流しました。青空整備はつらい!
業務 · 10日 7月 2018
本日は、北区の病院から世田谷の病院まで、人工吸気装着の患者様の搬送でした。弊社2人ご家族そして、Dr同乗にて、1時間40分の搬送で無事終了 またもや弊社レスピラック大活躍で、受け入れ病院では、「こんな台見た事無い」と そりゃそうですどこにも売ってませんから弊社独自です。又、今回お手伝いいただきました相棒は、埼玉県三芳町で6月に開業した介護タクシーのBee-Go company のかろうじ代表にお願いしました。埼玉の介護タクシーは、是非ご利用ください。HPは、http://beego.wp.xdomain.jp/です。信頼できる男です。
業務 · 03日 5月 2018
世間で話題の「アルコール依存症」この病気 私は、最初の頃 精神障害の病気である事は知らなかった。こんな搬送経験があった。40台男性 通常内科の病院から東京郊外精神科某病院まで、転院である。事前に看護師さんから患者さんの状況をお聞きし現在アルコールは抜けており暴れる事などは無い状況との事。病室までお迎えに行き ストレッチャーにての移送。車中でも落ち着いた様子で、終始穏やかで病室まで、独歩にて入院 患者さんは自分がなぜここに連れてこられたのかも全て理解し治療する覚悟が出来ているようにも私には見えた。その後色々調べて、アルコール依存症は精神疾患で治療を促す対象である事がわかった。しかし微妙なところでもあると感じた。 昔から「酒は飲んでも呑まれるな!」と教わったので、私は、寝酒程度であるそれも週一程度でガマン 何しろ弊社は、24時間対応の民間救急 酒におぼれてる時間は無い 若い時は飲みましたけど 笑 タッチャンは、自分で飲まない環境を作り入院の選択をしたのだとも思うが、カウンセリングなども受けたのかもしれないが、根本的な治療にはならなかったように思える。タッチャンは好きな男だがんばってほしい

さらに表示する